THANKS TO YOU !!!

のんびり山などを歩きながら 目に入ったものをパチリパチリ。そんな写真による記録。

◆'21/20/30 以東岳⑨…七ツ滝沢橋~下山


七ツ滝沢橋を渡ってからは、
泡滝登山口まで  ほぼ平坦な道を1時間ほど歩く。

f:id:pft78526:20211105160449j:plain

その間ずっと

f:id:pft78526:20211105160637j:plain

 

大鳥川の水音を聴きながら。

f:id:pft78526:20211105160700j:plain

 

そして

f:id:pft78526:20211105160708j:plain

 

斜面を流れてきて大鳥川に流れ込む小沢をいくつも渡って。

f:id:pft78526:20211119151829j:plain

 

雪の重みに耐えながら生きていて、
道の一部のようになっている木々を跨いだり

f:id:pft78526:20211105160725j:plain

 

庇のようになった木々の下をくぐったり。

f:id:pft78526:20211105160732j:plain

 

川の中の白っぽい石を見下ろしたり・・・

f:id:pft78526:20211105160736j:plain

 

道のすぐそばのあちらこちらにある岩壁を見上げたり。

f:id:pft78526:20211105160743j:plain

 

川の向こう側の紅葉を眺めたり

f:id:pft78526:20211105160751j:plain

 

小沢を渡ったり。

f:id:pft78526:20211105160759j:plain

 


道のすぐそばのトチの大木に、思わず立ち止まって触れてみたり・・・

f:id:pft78526:20211105160806j:plain

 

ブナの大木のそばにいって見上げたり。

f:id:pft78526:20211105160825j:plain

 

斜面を見上げたり・・・

f:id:pft78526:20211105160829j:plain

 

見下ろしたり。

f:id:pft78526:20211105160836j:plain

 

キョロキョロしながら下っていくと・・・

f:id:pft78526:20211105160846j:plain

 

『 10/4 』まで来た。ここは・・・

f:id:pft78526:20211105160853j:plain

 

冷水沢の吊り橋のあるところ。

f:id:pft78526:20211105160858j:plain

 

 

f:id:pft78526:20211105160902j:plain

 

 

f:id:pft78526:20211105160911j:plain

 

 

f:id:pft78526:20211105160918j:plain

 


道のそばが崖になっているところを歩いたり・・・

f:id:pft78526:20211105160925j:plain

 

林の中の道を歩いたり。

f:id:pft78526:20211105160938j:plain

 


小さな葉っぱたちを眺めたり・・・

f:id:pft78526:20211105160942j:plain

 

大きな木を眺めたり。

f:id:pft78526:20211105160950j:plain

 

 

川沿いに歩く道は まだまだ続く。

f:id:pft78526:20211105161031j:plain

 

こんなふうに道のそばにススキが まとまって生えていたのは、この辺だけだったかな?

f:id:pft78526:20211105161037j:plain

 

 

f:id:pft78526:20211105161043j:plain

 

 

f:id:pft78526:20211105161053j:plain

 

 

f:id:pft78526:20211105161100j:plain

 

 

f:id:pft78526:20211105161106j:plain

 

 

f:id:pft78526:20211105161112j:plain

 

 

f:id:pft78526:20211105161126j:plain

 

振り返ると、向こう側斜面を流れてきた沢が流れ込んで合流していた。

f:id:pft78526:20211105161133j:plain

 

道幅の狭いところがあったり・・・

f:id:pft78526:20211105161140j:plain

 

広めのところがあったり。

f:id:pft78526:20211105161152j:plain

 


いつ倒れたのか、キノコや小さな植物たちがいっぱい。

f:id:pft78526:20211105161206j:plain

 

この沢は、ちょっと上側を渡って・・・

f:id:pft78526:20211105161211j:plain

 

こっちへ。

f:id:pft78526:20211105161217j:plain

 

数えたことがないけれど、

f:id:pft78526:20211105161225j:plain

 

泡滝登山口から大鳥池までの間、いくつの沢を渡るんだろう?

f:id:pft78526:20211105161229j:plain

 

な~んて思いながら歩いているうちに、『1/10』まで来たよ。

f:id:pft78526:20211105161238j:plain

 

この辺り、朝は暗くて 周りの様子が分からなかったんだよね~。

f:id:pft78526:20211105161245j:plain

 

こんな様子だったのかぁ・・・と思いながら、

f:id:pft78526:20211105161250j:plain

 

 

朝 眺めていない景色を眺める。

f:id:pft78526:20211105161302j:plain

 


岩の隙間に びっしり気が生えている。

f:id:pft78526:20211105161311j:plain

 

16:09 泡滝登山口に到着。

f:id:pft78526:20211105161318j:plain

 

薄暗くなる前に戻って来ることができて良かった。

f:id:pft78526:20211105161323j:plain

 

相変わらず透明でエメラルドグリーンな泡滝ダムの水。

f:id:pft78526:20211105161331j:plain

 

おっ、ありました、お会いした方の自転車。
自転車で ここまで来て すぐに大鳥池~オツボ峰を往復するなんて すごい体力!(;^ω^)

f:id:pft78526:20211105161337j:plain

 

朝は真っ暗で見えなかったけど、駐車場の周りの紅葉も素晴らしかったんだな~。

f:id:pft78526:20211105161344j:plain

 

同じくらいに下山した方たちに挨拶し、帰路についた。
( この時、手袋を片方 落としてきてしまったことに、気づかなかった・・・。)

f:id:pft78526:20211105161351j:plain

 

16時半頃にもなると、道は山の陰になってしまった。

f:id:pft78526:20211105161400j:plain

 

夕日が当たっているところがキレイで、何度か車を止めて眺めた。

f:id:pft78526:20211105161406j:plain

 

 

f:id:pft78526:20211105161416j:plain

 

念願だった紅葉の大鳥池に行くことができただけでなく、
以東岳を周回で歩いてくることができ・・・
しかも、
紅葉の中の 青空を映した大鳥池や 朝日連峰の縦走路を眺めることができて
とっても嬉しかったなぁ・・・。

いろんな景色を思い出しながら運転していった。