THANKS TO YOU !!!

のんびり山などを歩きながら 目に入ったものをパチリパチリ。そんな写真による記録。

山形県

◆'22/11/06 熊野山➃…反射板~下り~帰路

熊野山山頂を後にし、少し下ったところにある反射板の方へ。大きな反射板の辺りで昼食休憩とのこと。

◆'22/11/06 熊野山③…展望地~山頂

『牛戻り』の坂を登って間もなく、

◆'22/11/06 熊野山②…四等三角点~牛戻り

スキー場のゲレンデ上から 林の中へ。木々の葉の色が素敵ですなぁ・・・。

◆'22/11/06 熊野山①…出発~野川まなび館~道照寺平スキー場~四等三角点

この日もエコプロのツアーに参加。長井市にある熊野山へ。 自宅を出発して間もなくは、やはり雲多めの空。

◆'22/10/31 鳥海山・文珠岳まで➃…御田ヶ原分岐~御浜~鉾立~帰路

御田ヶ原分岐から、石段を登っていく。

◆'22/10/31 鳥海山・文珠岳まで③…文珠岳~七五三掛~御田ヶ原分岐

さっきまで晴れていたと思ったら、あっという間にガス。でも、文珠岳は もうすぐ。歩きやすい道だし、このまま進むのみ。 少し前にすれ違った女性は、スパイク付き長靴で 七高山まで行ってきたそうで、「駆けていく」という言葉がぴったりの感じで下っていっ…

◆'22/10/31 鳥海山・文珠岳まで②…御浜~外輪・千蛇谷分岐

・・・向こうへ行くと、どんな景色が見えるんだろう・・・と ドキドキしながら御浜小屋の前を歩いて回りこんでいくと、白い山頂~外輪がガスをガスをまとった姿で見えた。 笙ヶ岳の方は?

◆'22/10/31 鳥海山・文珠岳まで①…出発~鉾立~御浜

前日 湯殿山麓を歩いたばかりだったけれど、こんな天気の日を逃すわけにはいかない!だって・・・鳥海ブルーラインが冬季閉鎖になる前に鳥海山が晴れて穏やかそうな日は、予報を見ると この日だけじゃないか! 「ど~ぞ、ご勝手に~。( 一一)」と言ってくれ…

◆'22/10/30 ゆどの道⑤…湯殿山参道~本宮参拝~湯殿山ホテル跡 駐車場

湯殿山参道へ。( 標柱がクマにガジガジやられて、案内板が下に置かれてますね~。(;^ω^) )

◆'22/10/30 ゆどの道➃…細越峠~一杯清水~笹小屋跡~湯殿山参道分岐

昼食休憩を終え、小雨が降り出し中を歩きだした。

◆'22/10/30 ゆどの道③…千手ブナ~護摩壇石~月山遥拝所~護身仏茶屋跡~小掘抜~大堀抜~細越峠

『独鈷茶屋跡』での休憩の後、今度は『千手ブナ』の方へ。

◆'22/10/30 ゆどの道②…花ノ木坂~塚なら~ラブナブナ~独鈷茶屋跡

ここから『花の木坂』。花が咲く時期には、どんな花が咲くんだろう?

◆'22/10/30 ゆどの道①…出発~集合~七ツ滝~馬立

前の週に続き、エコプロのツアーに参加。この日は『ゆどの道』を歩いて湯殿山神社を参拝。 5:30頃に出発。R112で見た東側の空。

◆'22/10/23 六十里越街道⑤…道心坊坂~石跳川橋~志津野営場の駐車場

雨に濡れてシットリした雰囲気のブナの木々の中を歩き、少し下っていくと・・・

◆'22/10/23 六十里越街道➃…大越沢の源頭付近~田代沢~焼山尾根

12:30 昼食休憩の後、雨の中を再び歩き始めた。

◆'22/10/23 六十里越街道③…カラ沢~雨池~二ノ峠~大岫峠~大越沢の源頭付近

カラ沢を過ぎて、道はまた少し登りになる。

◆'22/10/23 六十里越街道②…湯殿山十字路~八紘沢~龍ヶ池~一里塚~カラ沢

料金所近くをスタートして、写真右の道を登って来た。今度は、大岫峠の方へ。(ピンクテープがあったけれど、行けるようだ)

◆'22/10/23 六十里越街道①…出発~料金所~湯殿山十字路

この日は、六十里越街道を歩くエコプロのツアーに参加。一日中 断続的に雨が降りそうな予報だったけれど、・・・でも、雨の日の山歩きも楽しいんだよね~。 木々の葉や苔がイキイキしていたり、樹幹流を見ることができたり・・・と、ワクワクしながら出発。…

◆'22/10/22 自然博物園を散策③…西日が差し込む林の道を戻る

久しぶりの『トチノザウルス』。陽が西に傾き始めた時間帯、日陰にポツンと立っている姿は、ちょっと寂しそう?

◆'22/10/22 自然博物園を散策②…周海沼の方へ

『トチ婆さん』や『ブナ爺さん』に挨拶した後・・・

◆'22/10/21 自然博物園を散策①…湧水ポイント・トチ婆さん・ブナ爺さんを観ながら

そろそろ自然博物園の紅葉・黄葉がイイ感じかな?と思い、昼過ぎに向かった。

◆'22/10/20 鳥海ブルーラインにて

中島台・獅子ヶ鼻湿原を散策した後は、せっかくなので 鳥海ブルーラインを通って鉾立経由で遊佐の方へ下ることにする。鉾立付近から上は、灰色の雲の中。さて、どんな感じだろうか・・・。

◆'22/10/15 上倉山⑥…朝日鉱泉ナチュラリストの家でコーヒータイム

急な下りの道。木の根に足を引っかけないように、慎重に下っていく。

◆'22/10/15 上倉山⑤…大クロベに別れをつげて

11:50 大クロベに別れを告げる。 会えてよかった。またいつか、会いに来よう。

◆'22/10/15 上倉山➃…大クロベのパワーを感じて

いろんな色があって美し~。

◆'22/10/15 上倉山③…登って・・登って・・

少し緩やかな登りになるも・・・

◆'22/10/15 上倉山②…朝日差す尾根道を登って

朝日川に架かる吊り橋を渡って、いよいよ登りに入る。

◆'22/10/15 上倉山①…吊り橋を渡って

この日は、朝日鉱泉から上倉山に登るツアーに参加。目的は・・・上倉山山頂の近くの『大クロベ』に会いに行くこと。5時頃 出発。空には灰色の雲が広がっていたけれど、天気は この後 晴れる予報。 陽の昇る位置が 夏よりもずいぶん南寄りになっていて、季節…

◆'22/10/12 自然博物園ガイドウォーク②

『トチ婆さん』の次は 『ブナ爺さん』。この冬、大雪に耐えて残ってくれるかどうか・・・。

◆'22/10/12 自然博物園ガイドウォーク①…『トチ婆さん』まで

この日の予定には無かったけれど、突然思いついて、久しぶりに自然博物園のガイドウォークに参加することにした。ブナ林の黄葉には少し早い時期だけど、この時期ならではの林の様子を感じることができればいいな、と思いながら向かう。いつもの場所でパチリ…